医学の発達に伴って、
子どもたちの治癒率は大きく伸びました。
しかし国内において、難病と戦い、
重篤な障害を背負って生きる子どもやその家族は、
24時間365日死への恐怖と緊張を強いられています。
重い病気や障害を持つ子どもを
安心して預けることのできる、もう一つの家
それが子どものホスピスです。
HOME HOME HOME HOME
特定非営利活動法人NPO 生きるちから「VIVACE(ビバーチェ)」
英国小児ホスピス視察報告

このサイトは2009年度独立行政法人福祉医療 機構 子育て支援基金事業により製作されました

ばろんのブログ 甲斐裕美のブログ 子どものホスピスツイッター